もう携帯電話はならない

一日に何十回と鳴った
携帯電話

たまりかねて父を施設に入れた

今から六年程前の事

DSC00042

施設に入った父

長男を
連れていった時
「おじいちゃんはこんなになってしまって
何もしてあげられなくて悪いな・・」
って
すまなさそうに言った父
三十才過ぎた孫に向かって

三男を
連れていった時
息子を私の夫か恋人と勘違いして
そっぽを向いてしまった父

その父が亡くなり
来週が四十九日

98歳でした

花1

家族には評判の悪かった父

でも、亡くなってみると
生きていた時には
見えなかった人間模様が
見えてきます

年老いて決して綺麗ではなかった父
認知症も入っていた父

葬儀ではそんな父に涙してくれた何人もの人々

いつも「ありがとう」と言ってくれると
喜んでくれた施設の人

人の本質を見ている人と
言って下さった人もいた
DSC00321

父は98歳という年齢
年に不足はなかったと思う

いえ、むしろ父は
本当はもっと早く逝きたかったのでは・・
と父が亡くなる少し前
父に会う度に感じていた

姉が4ヶ月程前に亡くなり
その四十九日を済ませた頃
父が逝った

姉の事がすんでからじゃないと困るだろうな
そんな思いが伝わってきた
お父さん、もう少し待っててと
私も言っていた



大丈夫か?
もう何かしてあげられない
と・・
空の彼方から叫んでいるような
気がしています

父は私の為に生きていてくれた

父には感謝しかないです
ありがとうお父さん!

私は貴方の娘に生まれて
幸せでした

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。